好きなこと(だけ)で,生きていく




のは難しくて,大変なことだと思う.

つくばに来て1年が経ったけど,全くと言っていいほど稼げていない.
VALUの波に一回乗ったのぐらいで,あとはほぼなし.
このブログからの収入なんて,月にお昼ご飯1,2回分くらいにしかならないんじゃないかな.サーバー代考えたらプラマイなんてない.

まぁこの1年ずっといろんな手段を考えたり,ミニマムでトライしてみたりしてみたわけよ.

ブログをちゃんと整備したのもしかり,youtubeに投稿してみたのもしかり,VALUもしかり.

でもまぁ,続かなかい笑

ふっつうに,生活のメインである研究が忙しい.
もちろん,去年は単位山ほど取らなきゃ留年だったから,授業が忙しかったってのもある(特に後期は26コマもあったし).

唯一続いていると言えるのはこのブログくらい.
文章書くのは好きだし(読みやすいかとか面白いかとかは横に置いておいて),別に定期的に更新しなきゃという強迫観念も無くなるくらい歴も自分的には長くなってきたし.

でもまぁ,金は稼ぎたい!!笑

てか生活が赤字になるわけよね,普通に.
つくばに来る前に半年くらい集中的にバイトして貯金をしたわけだけど,多分それも尽きるし.

でもバイトめちゃくちゃしたのも,つくば行ってから研究に集中するためだったんよね.
だから,あえて意図的に極力バイトはしないようにしてる.

で,俺の目論見としては,1年以上経てばある程度専門性がついて,それを活かしながら稼ぐ手立てが一個くらい見つかるだろうと思っていたわけよ.

いやいや,一個も見つかってねぇ笑

正確に言えば探せばそれに近いものはある気はする.けど研究やってる時ほど学びながらできることなんて,世の中に『仕事』としてほとんどないんよね.

というか『研究』なんて普通に考えて特殊な作業だから.

1回はある程度ちゃんと働いたことがあるからわかってるつもりだけど,仕事は普通に途中で繰り返しに入る.
繰り返しに入らないベンチャー経営層とかあるかもしんないけど,その分雑務も最初はめちゃくちゃ多い.
しかも経営層は会社が大きくなるほど,専門性というより人間力・胆力勝負になるから,なんか極めるとかじゃない.

それに比べて,『研究』は世界で初めてのことを(しかも価値がありそうだということを)やらないといけない.
その手法がなんであれ,アウトプットは新規性がなきゃいけない.新しいことをやらなきゃいけない.

これ,めちゃくちゃクリエイティブな作業だと思うんだよね.

こんなに面白いことはまず他にないと思う.
しかも,今いる分野はコンピューターサイエンスの領域で,光学とかとの掛け合わせが求められる応用領域.

やりたいことのために知らないことを都度学んで,目指すアウトプットに辿りつこうとする.

こんな刺激的な作業をずっと続けられるなんて,そうないわけだ.

—————-

じゃあどうしようっていうね.
わかんないよね.いや,まじで.

ただ,最近思うのは,当たり前だけどまだ自分に専門性が足りないってこと.
これは明らかにそう.だって研究はしてるけど,まだちゃんとしたPublicationはないし.それが増えなきゃそもそも外の人からは「あいつ何やってっかわかんねぇよ」としか思われないし.

うん,だから当たり前だけどまずPublicationを出すことが重要だと思う.それはそう.

でもそれだけで生活費と学費が稼げるくらいになるかって言ったらそうじゃないわけよね.

うーん,わからん.

っていうのをね,レペゼン地球 DJ社長の動画を見て思ったわけよ笑

—————-

まぁお金を稼ぐって大変なわけよ.
サラリーマンとか会社の扶養家族だからね,基本的に.

「この作業をやったらお金がこれだけもらえる」
って脳死でできるから.

そもそもなんでそれでお金が発生してるかってちゃんと考えたら,本当は利益を生むとかって大変だしクリエイティブなはずなのにね.

誰かにとってそれがこれだけの価値がある,っていう価値の高低差があってお金が補填してくれるわけじゃん.
でもそれを個人で発生させるとかって,考えても試してもなかなかすぐには当たりが見つからない.

全然当たんないわけよ.

自分のどこに他人が価値を感じてくれるか,とか,自分が何をやったら自分も相手も幸せでしかもお金にもなってくれるか,なんて
その手法はまじ簡単には見つからない

—————-

ま,そんなこんな言ったって寝りゃ明日が来るわけよ.
研究楽しいし,そこで成果をまず出さないことには人生のステップも上がれないからやるしかないわけ.

一月末のサブミッション,そして一昨日のサブミッション.
二回のちゃんとしたサブミッションを経て,少しずつ成長を感じられてはいるし,通せるようになるまでもう少しな気はする.
だから,そこは頑張る.

あとはやっぱり,自分で生活できる収入手段を,ちゃんと創り出したい.

雇われでもなく,ブルーオーションの開拓のごとく,自分で掘り起こしたい.

誰だって,好きなことで生きてる人らは,Death Valleyを積み重ねで乗り越えてきた人らだと思う.
だから,その日が来るまで,やるしかないんだ

—————

今日はこれを読んで寝よう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です