僕が死んでも




僕が死んだら,ということを少なからず思うことはある.
最近そういうことが身近にあったわけではないが,なんとなく,そう思う.

僕が早死にしたら,関わった周りの人は多少なりとも大変だろうな,と思う.
突然いなくなったら,それがもし自分だったら,とか考えてしまうだろう.

僕は多少なりとも,自分の歩んできた生き様をここに書き連ねている.
変なことを書くもんだとか,何を言ってるんだとか,なんでこんなことやってるんだとか,周りは思ってきただろう.
ま,あくまで自分自身の備忘録という面があることは言っておこう.

僕が志半ばで倒れたら,僕と関わった人は自分に嘘をつかずに生きて欲しいと心から思う.
だって,僕は死んでしまったのだ.
死んでしまったら,やりたいことがあってもやりようもない.
やりたいことをやってきた人生だと思うし,それを周りに示してきたと思っているけど,身体が収束すればもうその先はない.

どうせ人間死んでしまうのだ.
僕が早くに死んだら,それをわかって欲しい.
わかった上で,自分自身の心の方向に向かって欲しい.
心の内側に伸びていくそのベクトルが,未来という前方向のベクトルにもなってくれるのだ.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です